フラット35審査のシミュレーションとすべらない話

住宅の購入を考えた際に、ほとんどの人が住宅ローンを利用するでしょう。

特に現在は、金利が低いので長期のローンを組むのに適しています。

ただ、住宅ローンを調べても種類が何個もあります。

その中でも、「フラット35」という言葉を聞いたことはありませんか?名前からは特徴が伝わりにくいですが通常の銀行ローンとどういった部分が異なるのか調べてみました。

メリットとしては、返済金額が変わらないので返済計画が立てやすいことや保証料や繰上げ返済手数料が0円ということがあります。

逆に、デメリットとしては、金利が変わらないので独自の審査基準があるので借入できないことがあります。

人生で最も大きな買い物と言われる住宅ですがなかなか一括で買うことはないと思います。

その際、資金調達で利用するのが住宅ローンです。

その際、変動金利にするのか、固定にするのか悩みますよね。

返済計画の立てやすさを重視する方なら固定型のフラット35がおすすめです。

2008年頃と比べると金利も低く推移してきているので長期間のローンを組むのにいい時期といえます。

現在の住宅ローンでは変動型の方が1%近く低い数値に設定されていますが変動リスクがあり、毎月の返済額が高くなることもあります。

そのため、最終的に総支払額が割高になることもあります。

住宅は人生で1番高額な買い物とも言われています。

その際利用する住宅ローンですがネットで情報を調べるとフラット35とフラット35sという2種類の名称のプランがあります。

いったいこの2つのプランは何が違うのでしょうか。

まず言っておきたいのがどちらかを選ぶというものではなく購入する物件が条件を満たしていると自動的に適用されるものです。

省エネ性やバリアフリー性を高めると基本的には物件価格が上がりますが耐震性、バリアフリー性などが入ります。

条件を達成していると特別金利のフラット35sが適用されます。

適用されるのでぜひ活用してください。

ローンを借りる際に重要なことはなんでしょうか?他のローンや公共料金の支払い滞納が起きていないかという信用情報を挙げる人もいますが最も大切なのは借りた後にどのように返済していくかを考えておくことです。

例えば、住宅ローンなどでは借り入れ金額が大きく毎月どのくらい支払うか、どのくらいの期間で完済するかを絶対に確認してください。

確認は自力で計算するのもいいですが大変なので利用するローンのホームページにあるシミュレーションを利用しましょう。

その際に、変動金利型の場合では金利変動で支払額が変わるので固定金利のフラット35でローンを組んだ場合も比較してください。

住宅を買う際の資金準備で頼りになる住宅ローンですがローンなので当然ですが審査に落ちることもあります。

基本的にローンに落ちる可能性が高いのは過去に別のローンで滞納しているなど信用情報が悪い人や融資希望額に対して年収が少ないなどといった場合が挙げられます。

フラット35など多くのローンで言えることですが年間の返済額が年収の約30%以下に収まっているかという部分もとても重要です。

例えば、今回のローンでの返済額は年収の3割以下だったとしても現在、他に車のローンやリフォームローンが残っていて合計すると超えてしまうといったこともあります。

住宅を購入する際にフラット35の契約を勧められることがあります。

多くの人はテレビで名前を聞いたことはあるくらいでどんなローンなのか、契約するための条件はあるのかといった詳しくは知らないのではないでしょうか。

このローンを組むには、物件購入価格が1億円以下になっているか、床面積が基準以上の数字になっているかといった条件があります。

ローンの特徴としては、原則として物件価格の9割までしか借り入れできないことや全期間金利が変わらないことなどが挙げられます。

金利固定なので急に支払額が上がるといったことが起きないので余裕を持って返済計画を立てられそうですね。

固定金利で選択する人の多いフラット35

ですが、申し込む際に金利以外で確認しなければいけない内容があります。

それは事務取扱手数料や所有権登記などでかかる諸費用です。

他にも、銀行によっては繰り上げ返済時に手数料が必要なローンと不要なローンがあります。

事務手数料の金額目安は借り入れの2%くらいが一般的なようです。

もし金利を見直すために借り換えをする場合では、新しくローンを組むことになるので再度、事務手数料などの費用がかかります。

金利を下げて享受できる借り換えメリットと諸費用を参照して借り換えを行わない人もいます。

住宅の購入を考えたときに、多くの人が住宅ローンを利用するでしょう。

特に現在は、超低金利なので長期のローンを組むのに適しています。

ただ、住宅ローンといっても種類が多くなっています。

その中でも、「フラット35」という言葉を耳にしたことはありませんか?名称からは特徴が伝わりにくいですが通常のローンと比べどういった部分が違うのか調べてみました。

メリットとしては、ずっと固定金利なので返済計画が立てやすいことや保証料や繰上げ返済手数料が発生しないということがあります。

デメリットとしては、金利が変わらないので低金利になると変動型よりも割高になることや低金利になると割高になることや独自の審査基準があるので利用できないことがあります。

ローンを借りる際に重要なことはなんでしょうか?別のローンや公共料金の支払い滞納が起きていないかという信用情報を挙げることもありますが最も大切なのは借りた後にどのように返済していくかを考えておくことです。

例えば、住宅ローンなどの場合では、借り入れ金額は大きく毎月どのくらい支払うか、どのくらいの期間で完済するかを絶対に確認してください。

確認する方法としては自力で計算するのは大変なので利用するローンのサイトにあるシミュレーションを利用しましょう。

その際に、変動金利型の場合では金利変動の影響で毎月の支払額が変わるので固定型のフラット35でローンを組んだ場合も確認してみてください。

利用する機会の少ない住宅ローンですがなかなか使わないからこそ契約の流れもわからないということも多いはずです。

ここではフラット35を例にして契約をについて解説します。

新築で一戸建ての場合では、ローンの申し込み、設計審査を行い、設計審査の申請を行い物件が基準を満たしているか審査してもらいます。

審査結果は約1週間くらいでわかります。

その後は工事を進めていき、途中、完成後に現場審査の申請をしていただく必要があります。

竣工現場審査に通ったら借り入れのご契約や資金の受け取りなどの手続きができません。

世の中には様々な住宅ローンがあります。

銀行独自のローンやフラット35のようにどこの銀行機関で契約しても基本的には同じ条件になるローンなど種類がたくさんあってどれを選べばよいかわかりません。

他の人がどういった内容を比較してローンを決めているのでしょうか。

特にわかりやすいのは金利条件です。

単純に金利の数値を見ている場合もあれば支払い額に直結する金利が変わる変動型にするか、一定の固定型にするかという部分です。

変動型の場合は銀行独自のローンになるので繰上げ返済手数料や保証料など銀行ごとに決められます。

みなさんが住宅ローンを決める際の参考にしてください。

住宅ローンについてネットで調べているとフラット35と銀行の住宅ローンは何が違うの?という疑問が多いようです。

フラット35とは銀行と住宅金融支援機構がコラボした住宅ローンのことです。

民間の銀行では、長期にわたって金利を固定しての住宅ローンを融資する資金の調達が難しいと言われています。

融資に対するリスクを住宅金融支援機構が取っています。

特徴としては全期間固定金利で繰り上げ返済は100万円から可能、金利が固定されているので支払額が一定で返済計画が立てやすいことが挙げられます。

審査は銀行と住宅金融支援機構の両方が行うことなどが挙げられます。

審査は銀行と住宅金融支援機構の両方が行うことなどです。