2011年11月の投稿一覧

住宅ローンの支払いが滞ったらどうなる?

2011年11月24日(木) 05:48

今から家を買おうという方も、万が一住宅ローンが支払えなくなった場合を考えておくことが必要かもしれません。

これから買おうという方には、買う前から嫌な気分にさせてしまうかもしれませんが。

まずはうっかり住宅ローンを支払うのを忘れたという方の場合です。

この場合は、気づいたらすぐに入金すれば大丈夫な場合が多いです。

しかし、私クレジットの返済もよくあるんですよという方は気をつけてください。

うっかりでも返済が遅れたことには変わりありません。

このようなことがあると、住宅ローンを組み換えるときに審査が通らないということもあります。

クレジットの支払いも同じく住宅ローンを借り入れるときの審査に影響することがありますよ。

さて、次は1~3ヶ月間支払いが滞った場合は、督促の郵便物が届きます。

金融機関によって対応は異なると思いますが、督促状を見てすぐに延滞分も支払えば、その後も以前と変わらず返済を続けることができることが多いようです。

問題は、6ヶ月以上延滞したときです。

この場合は、うっかりではないですよね。

返済が難しく延滞している状況の方です。

このような場合は、分割払いが一括払いになり、保証会社がローンを貸していた金融会社へローンの残金を支払います。

これを代位弁済といいます。

保証会社が払ってくれるなら、大丈夫とはいきません。

ローンの支払いが金融会社から保証会社へと変わっただけなのです。

家を手に入れた保証会社はローンを返済してもらいたいので家を売り払い、お金にしてしまいます。

これを競売といいます。

競売は嫌だという方は、任意売却という方法もできます。

どちらにしても、家を売るためあなたのマイホームはなくなってしまう事には変わりありません。

住宅ローンの支払いが難しいと思ったら、まずは借り入れ先に連絡してみましょう。

延滞する前に事情を話せば、金融会社によって対応は異なると思いますが、毎月の返済額抑えたローンへと借り換えができたり、返済期間の延長をしてくれたりするかもしれません。

また、弁護士に個人の民事再生を利用することができるかもしれません。

そして、何といっても無理な返済計画を立て住宅ローンを組まないことが1番大切です。

▲Pagetop