2013年2月の投稿一覧

住宅ローン特則を受けるにはどうするの?

2013年2月14日(木) 21:54

みなさんは、どうやって住宅ローン特則を受けるかご存知ですか? しかし、この借金には住宅ローンが含まれていないのです。そのため、たとえ個人再生で、他の借金が整理できたとしても、住宅ローンの支払が出来ない事で、結局は住宅ローン支払のために仕方なくサラ金などからお金を借りてしまう結果になることも考えられるのです。

そういう自体にならないタメにも、「住宅ローン特則」が設けられたのです。ですが、ここで勘違いしてはいけないのは、「住宅ローン特則」は、あくまでも契約通りの住宅ローンを支払うことが不可能となった債務者について、住宅をそのまま維持し続けることが出来るように住宅ローンの「支払猶予」を認めてくれる制度で、住宅ローンの支払額を無くす制度ではないことなのです。

つまり「住宅ローン特則」は、住宅ローンの支払期間の延長に過ぎないのです。

この制度を利用するには、以下の要件を満たしている必要があるのです。

まずは「住宅」に「住宅ローン」を担保するための「抵当権」が、設定されていることなのです。

「住宅」とは、申立人の居住のために所有され、床面積において1/2以上が住宅部分である建築物を指しています。「抵当権」には「根抵当権」も含まれていて、住宅ローンの申し込みをした金融機関の抵当権だけではなくて、その住宅ローンを保証してくれる保証会社の付けた抵当権もそれに該当しています。

 

◇◆住宅ローンのおすすめ関連サイト◆◇

フラット35つなぎ融資おすすめは?金利比較【楽天銀行どう?】
つなぎ融資はフラット35や住宅ローンを借りる際に必要になるもの。しっかりと金利や手数料を比較して余計な費用がかからないおすすめ商品をご紹介します。
xn--t8jhqxa6dwbd5s6663fs9la.com/

 

住宅ローンは家を買う以外にも組める?

2013年2月14日(木) 21:47

住宅ローンは新築の家を購入するために組むローンというわけではありません。

例えば、中古物件の購入やリフォームといったことには適用することが多いです。

また、リフォームローンというリフォーム専用のローンを金融会社が取り扱っているところもあります。

つまり、住宅ローンでは基本的には住宅以外には組むことはできません。

しかし、住宅ローンによっては、家具や照明器具、引越し代など含むことができることができます。

新築の家を建てたら新しい家具や照明器具をつけたいですよね。

車も何年も乗っているし乗り換えるかな、車のローンをわざわざ組むのは面倒だし住宅ローンと一緒にしてしまえばいいや。

引越し代まで住宅ローンに組めるなんてお得だ!このように思った方は多くいるかもしれませんが、これは問題ですよ。

住宅ローンに水増しをしてこのような物を買うことは可能なローン会社はありますが、これはローン会社が得するだけで、あなたは損しています。

例えば200万円の自動車を購入するとしましょう。

住宅ローンの金利が2%、自動車ローンの金利も2%と同じ金利だとします。

この時点では、住宅ローンも自動車ローンも変わらないです。

しかし、返済期間が全く違います。

自動車ローンは5年間
が返済期間で最も多い期間です。

住宅ローンは35年間といった長い期間返済し続けます。

自動車ローンだと単純に計算しても200(万円)×0.02(2%)×5(年)=20万円が金利分支払う額です。

住宅ローンはどうでしょうか。

自動車以外にも、主となる家が3000万円+自動車が200万円この総額に自動車ローンと同じ金利をかけて、35年間分かける計算となります。

計算しなくても分かるように多額の金利を支払わなければなりません。

住宅ローンはできる限り家のみに組むことをおすすめします。

家具や照明器具などはできる限り、別で貯金をして購入してください。

自動車など金額が大きいものは、自動車ローンといったそれ専用のローンで組んだほうがお得です。

また、後々問題になったりするかもしれませんし、住宅ローンは家だけにしか使わないといった意識がいいと思いますよ。

◇◆住宅ローンおすすめの関連サイト◆◇

住宅ローン消費税増税で損?減税と控除の方法!【金利に影響は?】
消費税増税によって住宅ローンはいつ借りるのがお得なのでしょうか?減税や補助金などの支援や景気対策などをもとに住宅購入とローン借り入れののベストタイミングを考えます。
www.housingloantax.com/

▲Pagetop