住宅ローン特則を受けるにはどうするの?

みなさんは、どうやって住宅ローン特則を受けるかご存知ですか? しかし、この借金には住宅ローンが含まれていないのです。そのため、たとえ個人再生で、他の借金が整理できたとしても、住宅ローンの支払が出来ない事で、結局は住宅ローン支払のために仕方なくサラ金などからお金を借りてしまう結果になることも考えられるのです。

そういう自体にならないタメにも、「住宅ローン特則」が設けられたのです。ですが、ここで勘違いしてはいけないのは、「住宅ローン特則」は、あくまでも契約通りの住宅ローンを支払うことが不可能となった債務者について、住宅をそのまま維持し続けることが出来るように住宅ローンの「支払猶予」を認めてくれる制度で、住宅ローンの支払額を無くす制度ではないことなのです。

つまり「住宅ローン特則」は、住宅ローンの支払期間の延長に過ぎないのです。

この制度を利用するには、以下の要件を満たしている必要があるのです。

まずは「住宅」に「住宅ローン」を担保するための「抵当権」が、設定されていることなのです。

「住宅」とは、申立人の居住のために所有され、床面積において1/2以上が住宅部分である建築物を指しています。「抵当権」には「根抵当権」も含まれていて、住宅ローンの申し込みをした金融機関の抵当権だけではなくて、その住宅ローンを保証してくれる保証会社の付けた抵当権もそれに該当しています。