高速バスでディズニーランド行くのって疲れない?

旅行での移動に夜行バスを利用するメリットとして、ひとつに夜の間を移動に使えれば例えばの話仕事を終えたその足でバスに乗り寝て体を休めながら移動し朝早くから目的地で行動できるため無駄のないスケジュールで動きやすいことが挙げられます。

極端な話をしてしまえば車中泊2泊で間の一日をまるまる観光に使うということも可能なのです。

またなんといっても料金がとにかく安いというのが最大のメリットでしょう。

実際の移動距離からすれば格安の料金設定にびっくりするのではないでしょうか。

そういった面ではお手軽な交通手段ですね。

楽しい旅行を年に数回したいがためにつらいことも我慢しているという人もおられるかもしれません。

そうすると時間もお金も無駄に浪費するわけにはいきません。

お得に観光するために有効な手段の一つとして交通手段を長距離バスにしてみるというのはいかがでしょうか。

最大のメリットは料金的な部分ですがそれだけではありません。

昼間なら最近流行りのSAで移動中も楽しめるでしょうし、夜間の移動であれば仕事終わりに出発して次の日の朝から旅先をまわったり名物を食べたりすることも可能です。

楽しい旅行ですから存分に満喫したいですよね。

時間がかなりかかるというのは長距離バスの難点のひとつ。

それが疲れる要因のひとつとも考えられますがいくつか対策を挙げてみます。

モニターが付いた車両は何もすることがなくてつらいという人向けです。

本や漫画を読むと酔ってしまうという人でもこのタイプのモニターなら顔や首を下げることがないので見やすいと思います。

それから座った姿勢でいるのが苦しいという人は腰や首に余った毛布などをあてたり、あるいは少なめの座席数でゆったりと過ごしやすい車両を利用したりするのが良いでしょう。

休憩などのときにこまめに動くと体が軽くなりますよ。

夜行バスで移動中に便意を催してしまったら...考えるだけでも恐怖です。

移動する時間帯が夜間であれば不安は少ないかもしれませんが、数時間は過ごすことになる乗り物なので何度か行きたい気持ちになる場合もあるでしょう。

大抵2時間おきくらいに休憩が入るので顔が土気色になるほど何時間も我慢させられることはまあないのでしょうが、体調不良のために腹痛や車酔いになるなど即必要な状況というのも考え付かないわけではありません。

それらの不安を解消してくれるのがトイレ付きのバスです。

バスの中にあると思えるだけでも気分が全然違いますよ。

移動に夜行バスを利用するメリットについて考えてみました。

まず第一に挙げられるのは何より料金が安いということでしょう。

もちろん重要なのは安全面でもありますし安ければ良いわけではありませんので乗務員の勤務体制や健康チェックなど安全対策については調べておきたいですが、移動のおいて安さを一番重要と考えている人にとって魅力的な点だと思います。

参照:高速バス座席選びのコツとは?バス旅行を楽しむ!【3列独立シートとは】

他にも上手に使えば時間も有効活用できるという点も。

夜間の移動ならその最中に休息が可能なので翌日も時間に余裕をもってスケジュールをこなせます。

移動中も着いてからも有意義に過ごしたいですね。

電車や路線バスには大体お得な回数券があり例えば10回乗れる分の金額で11回乗れたりするのですがただでさえ安い夜行バスにもあるのでしょうか。

調べた結果路線が限定されていたりもするようですがありました。

ビジネスなどで使うことが多い路線が対象となっているなら購入した方が絶対お得だと思います。

気を付けなければいけないのは有効期限があったりもちろん数枚まとめて購入する必要があったりするので計画的に使いきれるよう予定をたてましょう。

購入前に払い戻しについても調べておくと良いと思います。

大型車による事故がここ数年様々な場所で起きています。

連日流れるなんてこともしばしばありますからよく記憶に残って気にしている人も少なくないことでしょう。

特に高速道路においてはどの車も一般道よりスピードのある流れで移動しています。

車が大きくなればその分運転技術も必要になってきますし速度が上がるほどに移動するパワーは大きくなることになります。

事故率でいえばそれほど高くないようなのですが運転する人の手に頼る部分が大きい乗り物であることは事実ですし事故となると重大な事態に陥りかねないとも言えるかもしれません。

はじめての夜行バスの準備にてんてこまいという人は特に車酔いや乾燥、むくみなどの対策を考えておくと良いでしょう。

飴はのどの乾燥だけでなく酸味のあるものなら車酔いにも効果的なのでおすすめです。

また乗降場所は目印などを確認して間違えないようにしましょう。

当然ながら路線バスの停留所とは異なりますので乗降場所の地図は忘れず持参し集合時間や発車時間には確実に着けるよう行動しましょう。

夜行は乗っている間寝ることになるので服はしめつけのないもので寝る前や起きた後の身支度に必要なものは車内に持ち込んでおきます。

また貴重品はすぐ手の届くところに置いておくことをおすすめします。

女子だけのグループや一人旅でバスを使っての長旅となると防犯面をネックに感じるという人がおられるかもしれません。

ましてや長い移動時間に寝てしまうと無防備な状態になりますから異性の目がどうしても気になってしまうと感じるのは当然と言えば当然です。

そんなときに重宝するのがサイトで特集も組まれるほど人気の女性専用車両です。

ひとつのバスの中に男女別の専用エリアを設けているものもありますが車内みんなが女の人なら安心感が違うでしょう。

乗るバスは安心感で選びたいところですね。

移動手段としての夜行バスはとにかく安いというメリットがよく知られています。

ではデメリットとなると何があるのでしょうか。

様々な情報から安全性についての不安を感じる人も少なくないでしょう。

運転手個々人の体調や技術に大部分が影響される乗り物なので安全面にどれだけ配慮しているかという点はバス会社を選ぶ最優先事項としましょう。

それから到着時刻に関してはきっちり合うということが難しいので到着する日は時間に余裕をもって予定を入れるようにしましょう。

さらに移動中は長時間座ったままになるのでむくみ対策など対処法を考えていくと良いと思います。