住宅ローンの審査に通らない理由は年収だけ?

今後、マイホームの購入などで住宅ローンを検討している方はボーナス払いを視野に入れる前に注意して頂きたい事があります。

まとまったお金が入った時に返済できれば、月ごとの返済金額が少なくなるという利点もあります。

但し最近の会社は確実に賞与が与えられるという保証もなく、景気によって金額が変わることも有り得ます。

それもあり実際に賞与などを返済に充てているという方は、ことのほか少ないという調査結果も出ています。

それでもまとめて返済をしたいという方は、任意返済もできるところで申請してみましょう。

将来、家を建てる予定のある方も既にローンの申請が終わった方も是非、オーバーローンにならないようにしましょう。

どのような理由があるとしても家を購入するためのものなので、他の目的で使用してしまうと法律違反で逮捕されてしまいます。

この為、いくら費用を準備しなければならないのか?物件を扱う仲介者ともよく相談し決めなければなりません。

仮に、契約した借入れ内容に不具合があれば紹介した不動産会社は今後仕事が出来なくなる可能性があります。

以上のような危険性やデメリットもあるので、今の現実にとらわれずに将来をしっかり見据えましょう。

現在、住宅ローンを返済中の方もこれからの方も誰でも聞くだけで10年後に得するかもしれないこれを見たらすぐに実行したくなる節税の方法をご案内します。

審査に通れば年間で30万円ほどの節約も可能になるので、まだ申込みをされていない方は特に事前に確認しておきましょう。

申込みが出来るのは新しい家を建てた人か、もしくは今お住まいの家を増改築した方が当てはまります。

少なくても10年以上のローン期間がある事が条件となります。

今挙げたもの以外でも様々な決まりがあるので、しっかり確認して月々の負担を少しでも減らせるように今から準備しましょう。

長年の夢だったマイホームを目指して住宅ローンを組んだのに、審査に落ちた...なんて方は意外と少なくないのです。

次に紹介する以下の点をまずは確認してみて下さい。

400万以上の年収であるかが一つの大きなポイントになります。

申請者の健康状態はどうか勤続年数に問題はないかも問われます。

また一度でもクレジットカードなどの返済を怠ったりすると、仮審査に通っても本審査は難しい場合が多いです。

全て確認して条件を満たしているという方は、今一度カード会社に記録を確認するなど徹底しましょう。

審査基準を事前に把握しておくと安心ですね。

住宅を購入する時に必要な費用、それが頭金です。

頭金が0円でもOK!という広告も目にしますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。

ただし、月々の返済は多くなります。

少しでも返済額を減らしたいのであれば、頭金を少しでも最初に支払うのがおすすめです。

頭金の支配い額は物件金額の20%と言われていますが、住宅を買うとなると他の費用もかかりますので20%は目安として、支払える範囲で検討すると良いでしょう。

マイホーム購入資金の調達として頼りになるのが住宅ローンだと思います。

引用:http://www.sonnerie-a-telecharger.net/jyutaku/homemaker.html

申請方法はとても簡単で金融機関ならどこでも受付ていますし足を運べない。

という場合はネットバンクなども良いでしょう。

また、不動産屋と提携している金融機関に任せる。

方法もありますので、都合に合わせて選べます。

申請後は審査があり、支払が始まった場合約10年間にわたって控除を受けることが出来ます。

その場合は、年末調整ではなく自分で行う確定申告で申告する必要があります。

住宅ローンは、自宅を購入する際に役立ちます。

受付は、銀行や信用金庫の窓口で承っています。

申し込みの際には、様々な資料が必要になります。

やっぱり、長い期間と大量の現金を貸し出すのですから銀行側も年収や勤続年数にこだわって審査をします。

なので、申込をすれば確実に通る。

というものではありません。

通らなかった・・という方もたくさんいらっしゃいます。

よく見られる基準として、年収は300万以上・勤続3年以上が最低の判断基準ラインと言われています。

人気のある住宅ローンを選びたいという方も多いですが、意外にも変動金利にするか固定にするかで悩む方が殆どです。

なぜなら、固定であれば毎月同じ金額を返済すれば良いので試算しやすく、残りの返済額もすぐに計算できるからです。

ただ変動の場合はその時の景気によって大きく左右される為、全部でいくら返せば良いか明確には分らないのです。

にも関わらず、低金利時代をいわれる今の時期は調査によると40%の方が利用しているそうです。

他の方がどのような選択をされているのかも一つの目安として、将来の負担を軽くするために今から出来ることを始めましょう。

今後、自分の家を建てるために準備されている方で自分の家族にお金を出してもらい返済していく方は、贈与税について少し勉強しておくと良いでしょう。

親などから貰うお金が高額の場合にかかる税金で、例を挙げると年間で110万円を超えるお金をもらった場合、およそ1割を税金として納めなければなりません。

110万円以下であれば、税金はかかりません。

思いもしないところから援助を受けることもあるので、出来るだけ手数料をかけずに返済していく方法を考えましょう。

他にも払うべき手数料や税金について調べておくと安心です。

今から、借入れをしながらでも新しい家を購入したい方は返済期間をどれくらいで設定し完済するのか決めましょう。

普通は、25年や35年といった決まった期間で申請するのですが実際にこの期間までかかる方は少ないです。

大体借入れをしてから10年以内を目標としている方が多いです。

思わぬ臨時収入が入った場合に、まとめて返したい時はまとめて返済できるプランを選ぶと良いですね。

将来かかってくる経費と今の状況を合わせて考えながら、月々の支払いが滞ることの無いようにする事が大切です。

迷った時は評判や口コミをみてみると分りやすいですよ。